介護福祉士とは?社会福祉専門職の国家資格取得のメリットと仕事内容

介護福祉士とは、社会福祉士および介護福祉士法にて位置づけられている、社会福祉専門職の国家資格です。介護士やケアワーカーなどと呼ばれることもあります。介護が必要な高齢者や障害を持つ人のために、日常生活における介助、メンタル面のサポート、アドバイスなどの仕事を行います。この記事では介護福祉士の資格取得のメリットや、仕事内容をご紹介します。

介護福祉士とは

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

介護福祉士とは社会福祉専門職で、国家資格として、社会福祉士および介護福祉士法において位置づけられています。介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士と同様、名称を使用して使用することのできる資格です。介護士やケアワーカーなどと呼ばれることもある介護福祉士の主な仕事は、高齢の方や障害を持つ方など、介護を必要とする人々がストレスのない日常生活を送れるように、介助、介護者へのアドバイス、そしてメンタル面のサポートなどを行うことです。

介護福祉士の仕事

実際の介助「身体介助」を行うとともに、家事をサポートする「生活援助」、施設にいる介護に関わる職員に、主に介護を利用する方の自立を支援する介護の指導を行います。また、サービス利用者の家族へのアドバイス、また介護用品の使用法指導なども介護福祉士の仕事です。
介護は医師やリハビリスタッフとの連携も求められるため、介護に関する専門的な知識や技術を保有する介護福祉士の需要は高まっていて、社会福祉施設など、福祉分野で働く人の、介護福祉士資格取得率が上がってきています。
介護福祉士は、医師の指示の下で「痰の吸引」や「胃ろう・腸ろう」などの医療行為をすることができます。
介護福祉士の活躍の場は多岐にわたり、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、デイサービスなどで働いています。先にご紹介したように、介護福祉士を目指す人も増えていることから、養成校などで教職に就く介護福祉士も増えています。

介護福祉士の資格取得のメリット

介護福祉士の資格を得ることで、確実に仕事のエリアは広がり、それと同時に社会的な認知度、信頼感が高まります。社会福祉施設では、「生活相談員」「サービス提供責任者」など、配置が義務づけられているポジションに就くことができます。もちろん介護福祉士の資格取得は、待遇面の向上にもつながります。
社会福祉施設に就職する場合、初任者研修のみを終えた人の初任給は通常、20万円程度です。しかし、介護福祉士の資格がある場合は、月給にして3万円から4万円程度給与額が多くなるようです。さらに役職手当が付くこともありますので、介護福祉士の資格取得によるメリットは、ひじょうに大きいものがあると言えます。

介護福祉士とヘルパーの違いとは

介護福祉士と似たような存在として、「ヘルパー」を思い浮かべる方は多くいらっしゃいます。役割的に近い介護福祉士とヘルパーには、何か明確な違いがあるのでしょうか?

・仕事内容
介護福祉士とヘルパーは、仕事内容としては、それほど大きな違いはありません。どちらも高齢の方や障害を持つ方の介護に当たります。ただ、実際の現場では、介護福祉士のほうが責任ある立場にあることは間違いありません。介護福祉士は、国家資格であることからもわかるとおり、知識、技術、経験のすべての面でヘルパーよりも優れていると見なされます。そのため、スタッフへの指示や指導の役割をするのは通常、介護福祉士です。
・資格
介護福祉士とヘルパーの間のもっとも明確な違いは、この資格面でしょう。国家資格である介護福祉士とは対照的に、ヘルパーという資格はありません。誰でもヘルパーの職に就くことができます。(ホームヘルパーは除く)
・給与
介護福祉士の資格取得のメリットでも触れましたが、介護福祉士とヘルパーの給与の違いは歴然です。介護士は多くの場合、正社員として働きますが、ヘルパーの場合は、求人の段階でパートやアルバイトなどの非正規雇用になることが多く、必然的に待遇に違いが生まれます。

介護福祉士を取り巻く現状

介護福祉士は、さまざまな場所で活躍していることはご紹介したとおりです。そのため、ほかの専門職、たとえば医師、看護師、理学療法士などと連携することが求められるようになっています。ただ、業務内容、そして責任ある立場を任されることも多いのとは裏腹に、給与レベルが高いとは言えず、離職率もほかの看護職員よりも高くなっています。この辺りは、今後の課題だと言えるでしょう。
現在、国は介護福祉士の増員を目指し、介護福祉士養成校を卒業した生徒に関しては、義務化する方針を固めています。国家試験をパスできなかった場合でも、暫定措置として5年間、国家資格が与えられることになっていますが、現場に勤務しないのであれば、この措置は撤回されることになっています。ホームヘルパーなどと比較すると待遇面では恵まれている介護福祉士ですが、増員とともに待遇の改善が望まれているのが現状です。

介護福祉士になる方法

介護福祉士は国家資格ですから、国家試験に合格して資格を得る必要があります。その資格取得への道のりは、大きく分けて3本あります。

・介護の実務経験がある場合
介護福祉士への、1本目の道は、すでに介護業務の実務経験を積んでいる人が進む道です。このルートで受験することのできる人は、「対象施設、もしくは事業で、3年(1095日)以上の間、540日以上業務に従事し、なおかつ介護職員実務者研修を受講していること」とされています。現在は行われていない「介護職員基礎研修」を修了している場合は、介護職員実務者研修と同等の効力があるため、新たに受け直す必要はありません。
実務経験に含まれない対象施設での仕事には、社会福祉施設や病院などの医師、看護師、機能訓練担当職(理学療法士など)、介護支援専門職、調理師、栄養士などが挙げられます。また、生活相談員や児童指導員、職業指導員なども実務経験には含まれない職種です。
・介護福祉士養成施設で学ぶ
2本目の道は、介護福祉士養成施設で学ぶ方法です。指定の介護福祉士養成施設を卒業し、さらに介護福祉士の国家試験を受験することで資格取得を狙います。介護福祉士養成施設は、大学、短大、専門学校などで、厚生労働大臣が指定する施設になります。これらの施設には高校卒業もしくは同等の学歴が必要になります。実はこの学歴や卒業した施設の種類により、養成施設に通わなければならない期間も異なります。高校普通科の場合は2年以上、そのほかの大学や養成施設の場合は1年以上通う必要があります。
・福祉系高等学校
3本目の道は、福祉系の高校を卒業して資格取得を目指す方法です。福祉系の高校を卒業後、国家試験の筆記試験をパスすれば資格取得となります。実技試験は免除されます。

認定介護福祉士

介護福祉士の上級資格として、民間資格の「認定介護福祉士」があります。認定介護福祉士は、現在の介護福祉士には必要とされないものの、今後の福祉の現場では有用な知識とされるリハビリや医療、心理などのエリアの知識も兼ね備えた人材です。介護職をチームとしてまとめるリーダーシップ、人材管理能力を持ち、地域における包括的な介護サービスに力を注げるバイタリティが求められる認定介護士。介護福祉士として5年以上実務を積んだ者しかなれない、ひじょうにハイレベルな看護福祉士です。